はじめに

「みんなので作った俳句で歌を作ったら面白いのでは!?」と思い、
2月中旬に、「みんなで作る俳句ソング企画」を立ち上げました(*^^*)

計18名の皆さまから素敵な言葉をいただきました!ありがとうございます!
今回は、頂いた言葉がどのように歌詞になっていくのか、文章校正の方法やポイントなどをご紹介して参りたいと思います!

もちろん、完成した歌詞もご紹介させていただきます♪

 

文章校正前の状態をチェック!

まずは、SNSで集まった18名の言葉をいただいた順にご紹介します。

くらくら桜
舞い落ちる 桜色した 春がきた
散歩道 花くずを追う 猫の子ら
遅すぎる 雪が舞う舞う 雪化粧
薄紅の 頬に唇 春は来ぬ
春空に 踊る天使は 桜色
春の宵 寄り添う影も 華やいで
うらうらら
花霞 悲しみさえも おぼろげに
冬の次 春がきたよ つぎは夏
花吹雪 旅立つ背中 かき消され
さくら並木の
凍てる月 溶け落つ水で 春が咲く
散るからと 咲かぬ桜は ありません
ごちそうと お酒と桜と 笑うキミ
春が降る
にこっとね
ただひとひらの 夢を残して

お題が「春」もしくは「桜」だったので、全体的に統一感はあるものの、このままでは歌詞としてストーリ性がなく、ただの言葉の羅列になってしまいます・・・T▽T。。ソレハモッタイナイ

 

文章校正!

まずは文章校正の準備!付箋に言葉を全て書き出してみる

まずは、校正したい文章を全て付箋に書き出します。
今回は、いただいた方ごとに書いてみました。
DSC_1632-compressor
この際、ただ書き出すだけでも良いのですが、「どんな要素をもった言葉なのか」を考えておくと、後の校正が効率的にできます♪

例えば写真の「舞い落ちる 桜色した 春がきた」の場合は、「出会い」や「桜」「明るいイメージ」などが要素になります。
※この時点で細かく考えすぎると、構成できないので、あくまでザックリと要素のイメージをもっておくことが重要です。

DSC_1634-compressor (1)
全てをこんな感じになります。もはや紙におさまりきっていないですね…w

全て書き出したら、グループごとに分けてみる

言葉の持つ要素ごとに付箋を分類していきます。
特に「こう分けなきゃいけない」というルールはないので、思いつくままザックリと分けていきましょう。

DSC_1635-compressor
何度も付箋が行ったり来たり、剥したり貼ったりした結果、今回は「春の訪れ系」「花が咲いてる系」「別れ・ちょっと悲しい系」「その他」に大体分けてみました。

グループ分けができたら、ストーリーを組み立ててみる

先ほど分類した付箋を、「分類の中で」ストーリーになるように並べ替えます。この際、”やっぱこっちの方が良い”と思ったらそれは変えちゃいましょう!

「あ、やっぱり元の位置の方が良かった」と思ったらまた戻しましょう♪
意図した文章を作るため、行ったり来たりの思考錯誤による校正は、とっても重要だと思います(*^^*)

DSC_1636-compressor

今回の歌詞は大まかに「春の訪れ→別れ」になるように文章を構成してみました。

実際に構成した文章を書きだしてみる

付箋の往来が一先ず落ち着いたら、付箋を並べた順番に、紙に書き出してみます。
紙に書き出すことによって、文章の前後関係がより分かりやすくなるので、最終的な構成の際に便利です♪

DSC_1638-compressor

実際に書き出してみると、「やっぱりここ前に会った方が良い!」「前後逆の方が、日本語的に綺麗だし、読み手が色んなイメージできそう!」などの想いが出てくるので、そのイメージに従って再度構成します。
※文章校正の最終段階なので、納得いくまでやりましょう♪

歌詞完成です♪納得がいくまで構成!

構成していく中で、春の訪れから始まり、別れの流れにはするけど、ただの別れじゃなくて、ちょっと相手を想う余韻を残したい!という想いが芽生え、ガシガシと構成を続け…そして完成したのがコチラです(*^^*)

うらうらら さくら並木の 春が降る
春の宵 寄り添う影も 華やいで
舞い落ちる 桜色した 春が来た
凍てる月 溶け落つ水で 花が咲く
春空に 踊る天使は 桜色

散歩道 花くずを追う 猫の子ら
花吹雪 旅立つ背中 かき消され

遅すぎる 雪が舞う舞う 雪化粧
薄紅の 頬に唇 春は来ぬ
散るからと 咲かぬ 桜はありません
冬の次 春が来たよ つぎは夏

にこっとね
花霞 悲しみさえも おぼろげに
ごちそうと お酒と桜と 笑うキミ

ただひとひらの 夢を残して

くらくら桜

今回は「オリジナルソングの歌詞」を校正したので、メロディーやサビに該当する部分でも分けてみました♪

 

文書校正した後は・・・

今回は文章の校正方法からストーリーの完成(今回の場合は歌詞完成)までをご紹介しました。
これから完成した歌詞に、メロディをつけていきたいと思います♪
どんな曲になるか、これから楽しみです(*^^*)

※今回は文章の校正方法として、諸々ご紹介しましたが、アイディアやタスクの整理や管理などにも使えるので、ご自分のスタイルに合わせて活用してみてくださいっ♪
もしもちょっとでもお役に立てたら嬉しいですっ!