このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

そもそものきっかけは、大学の後輩「はるき」とカネダイさんの「お米食べ比べセット」!!

カネダイさんの若きホープ!

「ちょっとこれ、かなり恥ずかしいです・・・」と笑顔で話すはるき。
忙しい中密着させてくれてありがとうございましたっ!!

カネダイさんは、こんなことをしているところ!

カネダイさんのお仕事は主に3つ(多分・・・)

  1. 肥料や培土(ばいど)、農薬などを農家さんに販売&配達
  2. 農家さんからお米を預かって精米&安全性や品質の検査
  3. 預かったお米をお客さんへ発送!

つまり、お米に関するとっても色んなことを、行なっているということですねっ(・ω・)ゞ

扱うのはお米だけじゃない!

現在はお米も取り扱っていますが、1946年の創業当初はお米は扱っていなかったとのこと。

今の社長さんになってから扱うようになったそうですっ|ω・チラッ

お米や肥料がどどどどーーーんっ!!!(ちなみに私は152cm…)

土も!じゃじゃーん!

成形された土の方が、お米が均一に育つのだとか♪

成形された土の方が、お米が均一に育つのだとか♪

「培土(ばいど)」って初めて聞いたのですが、培土とは、「成形された土」とのこと。

土って作るんだ!とビックリΣ○▽○;;;;

土の粒が揃っている方が、農家さんがお米の管理をしやすく、質の良いお米ができるそうです♪

毎年お米を育てていると、お米に栄養分を吸われてしまうので、培土や肥料などを使用して、元気な土にする「土づくり」が大切なのですねっ(・ω・)ゞ!

倉庫内はフォークリフトが活躍!

「ここで大丈夫そうですか?」と確認しながらの丁寧な作業…

「ここで大丈夫そうですか?」と確認しながらの丁寧な作業…

こんなに間近でフォークリフトを見たのは初めてでした!結構スピードが出る&小回りがきく(四駆)ことを知りました。

トラックに荷物を乗せる際、「ちょっとズレちゃったけど、次の大丈夫ですか!?」や「もうちょっと奥の方が良いですかね?」等、
次に入る荷物の事や運転のバランス等を考えて、コミュニケーションを取りながら作業を行なっているのが印象的でした!

想像を超える力仕事!!

手に持つ米は…30kgΣ○▽○;;;;

「ちょっと取ってきますね~♪」とひょいひょいっと詰まれた土の上を登り…軽々しく持っているようですが、その両手には30kgのお米…

これを日々日常的にやっているとか・・・凄すぎる・・・Σ○▽○;;;;!!

ちなみに私が30kgを持とうとすると…

こうなりました・・・プルプルプルプル…(((゚Д゚)))ガタガタ

こうなりました・・・プルプルプルプル…(((゚Д゚)))ガタガタ

一等印はスーパー美味しいお米の証!人の目でちゃんとチェック!

これが「特A」のうんめーお米の印っ!

これがうんめーーお米!「特A」の印っ!

全ての米袋に「刺し米」をして、品質をチェックするらしいです!
以下、お米が「一等」認定を受けるまでの流れ(精米後の工程から)をご紹介っ(・ω・)ゞ

まずは全てのお米に…放射能チェック!!

お米を放射線測定器(三菱重工さん製)でチェック!

お米を放射線測定器(三菱重工さん製)でチェック!

機械を通った後、判定結果が画面に表示され、検査結果のシールを米袋にペタリ(手作業)。

機械を通った後、判定結果が画面に表示され、検査結果のシールを米袋にペタリ(手作業)。

張ったシールをスマホで読み取ってみると、結果が分かる!

張ったシールをスマホで読み取ってみると、結果が分かる!

放射能検査が終わったら次は人の目チェックへゴー!ヽ( ´ω`)♪

本当に30kg入ってるのかな~?|ω・チラッ まずはお米の重さをチェック! 年代物の計り、ものすっごく正確に動いておりました(`・ω・´)

本当に30kg入ってるのかな~?|ω・チラッ まずはお米の重さをチェック!
年代物の計り、ものすっごく正確に動いておりました(`・ω・´)

米袋に番号を振って…

米袋に番号を振って…

各袋2箇所ずつ、さし米!(刺した部分は後で専用のシールで補修(・ω・)ゞ)

各袋2箇所ずつ、さし米!(刺した部分は後で専用のシールで補修(・ω・)ゞ)

番号の所にお米を入れて…

番号の所にお米を入れて…

ひとつひとつ水分量チェック!!

ひとつひとつ水分量チェック!!

ちなみに水分量チェック後のお米の状態↑。 お米の中に入ってる水分をこうやってチェックするのか…と全ての工程に関心…

ちなみに水分量チェック後のお米の状態↑。
お米の中に入ってる水分をこうやってチェックするのか…と全ての工程に関心…

白いトレー、黒いトレーにお米を乗せて、変なお米が混じってないか、目視でチェック!

白いトレー、黒いトレーにお米を乗せて、変なお米が混じってないか、目視でチェック! カメムシに吸われていたりすると、お米が黒くなってしまうそうですTwT。。。 このお米は大丈夫ですね!(・ω・)ゞ

チェックした結果をメモメモ…

チェックした結果をメモメモ…

一等印をドンッ!!

チェックして一等だったお米には、一等印をドンッ!!

チェックした人の印と合わせて完了!シールも印もオール手仕事!これは骨が折れる・・・

チェックした人の印と合わせて完了!シールも印もオール手仕事!これは骨が折れる・・・

収穫時には1日2000個を検査することもあるとか…もう、想像しただけで…というか、想像ができない…orz…

そしてチェックを終えたお米は、、、出荷!!!

チェックの終わったお米を積んで、精米所へ向かいます(・ω・)ゞ

直接届けたり、取りに来て頂いたり、ケースバイケースらしいです(・ω・)ゞ

そして巡り巡って私たちの食卓に届くんですね~~~//▽//…♡

 

さいごに

精米後は、毎回毎回手作業で細かいところまでお掃除…。

ちょこっと見せて頂いた精米所の様子。精米後は、毎回毎回手作業で細かいところまでお掃除しているのだそう。色んな手間暇があるからあんだけお米が美味しくなるんですね…。

今回の見学を通じて、色々な方の想いや手や目、手間がかかって、美味しいお米を頂いているんだなぁ・・・ととても感慨深くなりましたっT▽T。。

お忙しい中見学&体験をさせてくださったカネダイの皆さま、私の超初心者な疑問に丁寧に応えてくれたはるき!

本当に本当にありがとうございましたっ!お米がもっともっと大好きになりましたっ!!ヽ( ´ω`)♪

お米、またお取り寄せておいしく頂きますっヽ( ´▽`)/♪

Special Thanks 写真提供:よしやすマスター