このエントリーをはてなブックマークに追加

 

はじめに

Facebookを通じて、大学の後輩「はるき」が、福島県は「会津坂下(あいづばんげ)」という場所でお米屋さんをやっているという事を知り、早速そのお米屋さん「(有)カネダイ」さんより「坂下米の食べ比べセット」をお取り寄せ!

会津坂下米、食べ比べセット

各お米2合ずつなので、単身にぴったり&真空パックで鮮度を保てるのも嬉しい☆(ってか、2合×3種類で1000円って、安すぎでしょっΣ○▽○;;;;)

最初にこしひかりを頂いたのですが、炊き立てはもちろん、冷めてもとっても美味しい!!

あまりの美味しさに感動し、「どうやってこのお米ができたのか知りたい!」と思い、後輩はるきに無理を言って、カネダイさんを見学させて頂きましたっ(・ω・)ゞ
カネダイさん見学の様子はコチラ(・ω・)ゞ☆

(※私の脳内で解釈できる範囲なので、より正確で詳しい情報は是非カネダイさんのHPでチェックしてくださいっ!お取り寄せもできますっ!お米、本当に美味しいっ!!)

冷めても美味しいお米の秘訣は「ミネラル」らしい

家の炊飯器を開けた瞬間「あ!これ美味しいお米だ!」と素人ながらに思い、その感動をはるきに伝達!

写真は「コシヒカリ」です(・ω・)ゞ

会津坂下米

画像が暗いのがとっても残念ですが、お米のツヤツヤ感、伝わりますかね~!?

会津坂下こしひかり

一粒一粒が大きい気がするのは気のせい・・・?じゃなかった!

会津坂下のエリアは、特に土が肥沃なので粒の大きいお米に育ちやすいのだとか・w・

あと、お米を毎年育てていると、土の栄養がお米に吸い取られて無くなってしまうので、農家さんが適切に肥料を使用して土地を良い状態に保ち続けているのだそう!
・・・感謝なしでは食べられないっT▽T。。

冷めても美味しい会津坂下米

更に驚いたのが、冷めてもこのツヤ!

塩むすびにして頂いたのですが、冷めてもお米が柔らかくて、甘い!&ちゃんと一粒一粒が口の中で分かるんです!Σ○▽○;;;;スゲェ

「冷めても美味しい」はカネダイさんがこだわっている部分のようで、現在の社長さんが開発した肥料によって、お米に沢山ミネラルが含まれるようになっているようです!

お米の品種が違えば味も性質も違うのだ!

分かりやすいお米の特徴!(画像引用:有限会社カネダイ)

分かりやすいお米の特徴!(画像引用:有限会社カネダイ)

今のところ、コシヒカリと天のつぶを頂いたのですが、本当に歯ざわりからもちっと感まで全然違いましたっ!

天のつぶは形がまるくころっとしている感じで、弾力があり、味噌鍋との相性抜群っ!

ちなみに、冷めても美味しかったです(・ω・)ゞ!!

 

お米のオマケ豆知識:くず米って・・・なに?

DSC_4224

見学中「くず」と書かれた袋を発見!何か尋ねると、「くず米」というものを集めて袋に入れてあるとのこと。

精米中に出てきた欠けてしまったお米や、小さなお米等が、「くず米」だそうです。

「くず」という名からもしかして捨てちゃうのかな…T▽T。。モッタイナイ…と思ったのですが、くず米はおせんべや米粉等のお米の加工食品に使用されるとのお話を聞いてホッヽ( ´ω`)♪

無駄を出さないって素敵だ・・・

 

さいごに

おかずに合わせてお米を選べるって、贅沢だなぁ…( ´艸`)ミルキークィーンも楽しみですっ♡

ちなみに、坂下のお米は「坂下米(ばんげまい)」と名前がついているそうです(・ω・)ゞ お米好きの方、是非一度「坂下米」、ご賞味くださいっ!

お取り寄せはカネダイさんのHPからどぞですっ(・ω・)ゞ♪

 

カネダイさん見学記事はコチラ(・ω・)ゞ